ランドセルの歴史

フィットちゃんを筆頭に、今では一般的になったランドセルの歴史をひも解いてみたいと思います。

それは、江戸時代から始まりました。

江戸時代といっても幕末、西洋式の軍隊制度が導入された際、布製の背のうも同時に輪入され、軍用に供されたのが始まりといわれています。

そして徳川慶喜が大政奉還をし、薩長連合が主役となった動乱の幕末を経て時代は明治に突入します。

この時代に開校したのが「学習院」です。

この学習院は明治18年になって生徒の馬車や人力車での通学を禁止するとともに、軍用の「背のう」に学用品類を詰めて通学させることにしたのです。

この「背のう」・・・オランダ語に訳すと“ランセル”になります。

それがだんだんランドセルという言葉に変化していったのです。

このランドセルが学生たちの鞄を意味するようになっていき、現在でも使われているのです。

当時のランドセルを振り返ると、今のデイパックに近いものでした。

現在のようなしっかりとした丈夫ないでたちの箱型ランドセルの誕生は、学習院で“ランセル”が採用された2年後の明治20年になります。

その当時の内閣総理大臣、伊藤博文氏が大正天皇の学習院入学を祝して特注で作らせたものを献上したのがその始まりとされています。

それから、ランドセルは背負うこと出来、その結果子供達の負担が軽減でき、しかも背負っていても両手が自由に使えるなどの長所から、小学生用の鞄として広く普及してきたのです。

一方ランドセルは戦前まではどちらかといえば都会型の商品とされていました。

ところが、地方にいくとまだまだ普及しておらず、教科書やノートは風呂敷に包んで通学していたのです。 しかし、高度成長の波にのり、昭和30年代以降になると、全国的にランドセル通学が普及し、ランドセルは日本人小学生の定番となったのです。

なお、世界中を探して見ても同じような背負い式の通学カバンはヨーロッパの一部で使用されているに過ぎません。 ランドセルは日本独自のアイテムなのです。


どうぞ、フィットちゃんランドセル今期モデル【11%OFF】のご購入は、こちらをチェックしてみて下さい。

ラ・ポンテ【フィットちゃんWEB限定サイト】